情報公開 Information disclosur

所定疾患実績 Prescribed disease results

H31/R1年度

肺炎 尿路感染 帯状疱疹
H31.04 8(25) 0 0
R01.05 11(55) 1(5) 0
R01.06 1(6) 2(9) 0
R01.07 3(7) 3(14) 0
R01.08 6(24) 2(10) 0
R01.09 5(23) 2(3) 0
R01.10 6(29) 3(12) 0
R01.11 7(27) 1(7) 0
R01.12 11(53) 2(7) 0
R02.01 7(26) 1(7) 0
R02.02 9(40) 3(10) 0
R02.03 10(41) 5(25) 0

( )内、延べ回数

R2年度

肺炎 尿路感染 帯状疱疹
R02.04 7(28) 2(11) 0
R02.05 3(10) 2(10) 0
R02.06 5(18) 2(13) 0
R02.07 4(15) 2(13) 0
R02.08 3(10) 1(3) 0
R02.09 3(12) 2(7) 0
R02.10 2(10) 6(34) 0
R02.11 0 2(11) 0
R02.12 1(3) 5(25) 0
R03.01 0 6(34) 0
R03.02 0 7(34) 0
R03.03 2 5(21) 0

( )内、延べ回数

R3年度

肺炎 尿路感染 帯状疱疹 蜂窩織炎
R03.04 1(1) (28) 0 1(1)
R03.05 0 9(44) 0 2(9)
R03.06 3(13) 11(42) 0 0
R03.07 2(10) 11(48) 1(6) 1(5)
R03.08 0 7(36) 0 0
R03.09 0 5(29) 2(12) 0
R03.10 2(8) 8(35) 0 0
R03.11 1(5) 6(32) 0 1(5)
R03.12 0 4(22) 0 0
R04.01 1(3) 5(23) 0 0
R04.02 1(3) 4(27) 0 0
R04.03 0 0 0 0

( )内、延べ回数

R4年度

肺炎 尿路感染 帯状疱疹 蜂窩織炎
R04.04 0 8(36) 0 1(3)
R04.05 1(5) 7(31) 0 2(10)
R04.06 1(5) 10(32) 0 0
R04.07 2(8) 9(38) 1(7) 0
R04.08 2(7) 9(43) 0 0
R04.09 4(16) 5(21) 0 1(6)
R04.10 1(5) 3(15) 0 0
R04.11 3(7) 5(21) 0 1(3)
R04.12 4(13) 5(23) 1(7) 1(5)
R05.01 0 7(27) 0 1(5)
R05.02 1(3) 5(18) 0 1(5)
R05.03 2(10) 3(11) 0 2(10)

( )内、延べ回数

R5年度

肺炎 尿路感染 帯状疱疹 蜂窩織炎
R05.04 1(5) 5(25) 0 2(12)
R05.05 1(2) 7(36) 0 1(7)
R05.06 2(10) 5(27) 0 0
R05.07 2(6) 3(13) 1(1) 0
R05.08 3(13) 5(21) 1(6) 1(3)
R05.09 3(15) 4(20) 0 1(5)
R05.10 0 6(26) 0 1(5)
R05.11 0 5(25) 0 0
R05.12 0 8(38) 0 1(5)
R06.01 5(38) 4(24) 0 1(6)
R06.02 9(66) 3(15) 0 2(11)
R06.03 3(19) 4(22) 0 2(5)

( )内、延べ回数

R6年度

肺炎 尿路感染 帯状疱疹 蜂窩織炎 慢性心不全増悪
R06.04 0 3(10) 0 3(13) -

( )内、延べ回数

肺炎

血液検査、血中酸素濃度の測定、抗生剤の内服、抗生剤の点滴注射、水分補給(経口、点滴)、喀痰吸引等診断結果を基に適宜必要な治療を行っています。

尿路感染

血液検査、尿検査、血中酸素濃度の測定、抗生剤の内服、抗生剤の点滴注射、水分補給(経口、点滴)等診断結果を基に適宜必要な治療を行っています。

帯状疱疹

抗ウイルス剤の点滴注射、抗ウイルス軟膏、皮膚清潔など診断結果をもとに適宜必要な治療を行っています。

蜂窩織炎

蜂窩織炎は原因菌の高い細菌を標的とした抗菌薬を投与するのが効果的です。そのため医師が病歴聴取・患部の診察を行い採血実施し白血球数やCRP(炎症反応数値)確認して適切な抗菌薬の内服または点滴注射で治療を行います。

慢性心不全増悪

心不全の既往のある利用者さまに対し体重・呼吸数・呼吸苦・チアノーゼなどの症状確認を日々行い早期に対応できるようにしています。異常が見られた場合は医師の聴診、採血からの指示となり安静、酸素吸入、数日間から数週間の点滴および内服による治療となります。場合によっては入院治療となります。